困ったインクの染み

染みというものは、本当に困るものです。
ワイシャツのポケットに入れて降りたボールペンのインクが漏れてしまったりすることもあるでしょう。
今では珍しくなくなった、プリンターのインクの交換をしている間についてしまった経験は、誰にでもあることでしょう。
自分につかなくても、カーペットなどにこぼしてしまうことは、珍しいことでもないでしょう。
そんな時には、まずは焦らないことが重要です。
そして、できるだけ速やかにインクを取り除くことができれば、染みを残してしまう可能性はかなり下がるでしょう。

ですが、そこまで簡単にいくものではありません。
気が付いた時にはついていたということがほとんどでしょう。
ボールペンのインクにしてもいろいろな種類があり、種類によってシミ抜きの方法は違います。
それぞれに適した方法があるものですが、知らなければどうやってもきれいにすることができないのが、インクの染みなのです。
ほかにも墨汁や朱肉なども困ったもので、使うのには便利なものですが、いざつけてしまえばなかなか落ちないものとなってしまうでしょう。

染みの中には、決して使ってはいけない薬剤もあったりします。
落とすということに意識が行き過ぎて、実は広げてしまうこともありますので、ちゃんと落とすことができる方法を知ることは、日常から大切なことになるでしょう。
いざというときに備えて覚えておいて損のあるものではありませんので、知識の一つにしてみてはいかがでしょうか。


[管理人推奨リンク]
純正品とほとんど変わらないレベルのリサイクルトナーを販売している通販サイトです ⇒ リサイクルトナー